<名東区のハイレベル公立中学対策>コース

名古屋市の名東区は、愛知県内の公立中学の中でも、指導レベルが高い地区です。特に、定期テストである、中間・期末テストの出題レベルは他の地区に比べて群を抜いて、難易度が高い問題が多く出されます。

 

平均点が40点台というテストが多い理由も、ここにあります。70,80点台以上の高得点グループと、20,30点台の低い点数のグループと、足して人数で割ったのが、その平均点の低さです。問題が難しすぎて、90点台を取れる生徒はごくわずかな一方で、20,30点台が少なくありません。いわば「成績のドーナツ化現象」が起こっている、とも言えます。

 

そこで、名東区の公立中学に顕著な、このような「ハイレベルな定期テストにも立ち向かえるだけの実力をつけよう」という目的で、今年は本コースを開講することにしました。これまでの指導経験から、名東区のハイレベルのテストを作る先生の対策は「何を、どう教えるか」が、普段から大切になることがわかっています。

 

「テスト対策だけを一生懸命やっても、実力がなければいつまで経っても点数はあがりません!」

 

その現実に立ち向かいながら、心は生徒さんと共に歩みつつも、授業ではリードしながら予習型授業でしっかりと指導をしていきます。

 

特に、短期間では力がつきにくい、国語と英語に当塾は力を入れていますが、片方の科目だけでも勿論、リクエストに応じてカリキュラムを組んで、語学教育サポートを行います。また、ことばの表現力や思考力もつく指導を目指しておりますので、実力が上がってこれば、他の科目の問題(社会や理科などの記述問題等)を解く時にも言語能力が磨かれて、役に立ちます。

 

興味を持ったら、是非お問い合せを!!

公式ブログ