あなどるなかれ、国語力!

  英語講師として指導開始した塾長の私が、英語を10年、20年…と教える経験を積むにしたがい、疑問に思うことが増えたのが、生徒たちの国語力不足でした。英語を教える前に、国語の理解が浅いのか、日本語の訳語を理解できなかったり、なんとなくぼんやりと分かったとしても、それを別のことばで言い換えたり要約することができなかったりして、真の実力がついてない様子も見受けられました。

 また、ここが非常に大事なのですが、国語力とともに、作文力もないことで、自分の言いたいことが伝わらないばかりか、対話力がない生徒も少なからずいました。会話できなければ、学校や職場でコミュニケーションが取れず、同級生同士でおしゃべりするのにとどまればまだしも、社会に出て仕事をする時になったら、どうなるのでしょうか。

 

 私が当時から現在に至るまで、日本の教育環境で最も危惧するのは、英語力云々ではありません。

 

ズバリ「国語力」、です。

 

 国語力、いえ正確には「日本語の力」と言い換えたほうがいいかもしれません。国語で思考出来ない人間が、英語で考える力が養われるのでしょうか?考える力をつけるのは、母語である日本語です。

 外国語(ここでは英語とします)で直接、日本語を介さずに考えることができるのは、よほど帰国子女のような恵まれた環境で英語を使うのに不自由しない人か、大人になって思考力が元々日本語で備わった人が英語を外国語として使う場合か、ほぼそのいずれかです。日本語でしっかりと物事が考えられない人で、英語がきちんと話せる人を見聞きしたことが、私はありません。やはり、英語の語いを増やすにしても、日本語での理解がないと、「この英語を訳したことば、何を意味するの?」となってしまいます。

 

 私が現在、専門学校生に資格対策としてTOEICや英検対策を行うことがありますが、国語力のなさに驚かされます。日本語で言っていることが理解されず、文法の話になると、本当についていけない子が続出します。「文法用語」は確かに馴染みにくいし、私も高校生の頃に苦労したので、それはわかります。ただ、難しいと思いながら、がんばって本に書かれている日本語を理解しようと努めれば、最後には納得できました。決して、日本語自体に「何?わかんない」はありませんでした。

 

 大学生を教えた経験が過去にもありました。その時もやはり、英文法で苦労している生徒によく似た傾向が見られました。国語力の無さゆえ、英文法や英文理解が出来ない様子でした。集団授業で50人近くの授業でしたので、個別に生徒の国語力を測ることは不可能でしたが、今もあの頃のことをよく思い出します。

 

 高校卒業後の学生たちは、いつから「国語力欠乏症」になっているのでしょう?私の指導経験と、「ことばの教育塾」を開いた後からの保護者の皆さまからの学校教育のヒアリングを通して見えてくるのは、明らかに「使える国語(日本語)の教育が欠けている」ということです。国語の教科書に掲載されている長文(小学生の場合、そうたいした文章量ではありませんが)、物語なり説明文なり、どうしてあれほど長時間を要するのでしょう?実際の本番のテストでは、短時間で答えさせるのに・・・どう考えても、テスト本番では長文をじっくり読む時間は与えられていません。

 授業での、あの「のらりくらり」の読むスピードは、どこに行ってしまったのでしょう。小中学生で、国語の文章を読む速度が遅い生徒はまず、この学校教育に染まりきってしまっていますので、学校のテストではそのクセが抜けきれません。

 

 当塾では、ご要望に応じて速読のアドバイスおよび授業も行いますが、学校の読み方とは異なるコツ・ヒントなどをお伝えしています。テスト用の読み方を知らないと、中学生以降が苦労することになりますので、当塾では小学生から入塾した生徒さんについては、学校教育が好きな「音読」は重視しておりません。具体的には・・・・それは、体験時にお話しすることにしましょう。

 

 最後に。国語教育を含めて、当塾の教育方針全般をまとめてここで述べさせていただきます。「ことばの教育塾」と言えど、こじんまりとした教室です。大手塾のような、派手さもありません。ただ、教育の質は個人塾の中でも高い質を誇りますので、ご安心いただけるものと自負しております。

  

当塾が得意とするのは

勉強を頑張っているのに成績が上がらず

お困りの生徒さんへの指導、

そして、保護者の皆さまへのアドバイス。

 

「その子の個性を活かした教材を厳選、

一人ひとりを真に大事にする指導・教育を実践!」

 

が、当塾の指導モットーです。

 

「できる」が増えてゆく喜びを味わうことで

実力を伸ばしてゆく指導でバックアップしつつ、

その結果として、テストで点数が上がる・・・

 

高い点数を取ることだけを目的とする

目先教育ではない、

将来どの道を進むにも必要な

基礎学力と本人に合った実力の伸ばし方で

 

 

勉強の根本を理解し、

楽しく学び、人生を歩み続けられる。

将来の幸せにつながる学習・教育を

サポートさせていただきたいと。

そのように願っております。

  

 

子どもたちに

そんな明るい未来が待っていると、

期待を持ってもらえるような

語学指導を行なっています。

 

 

社会人学生のみなさんに

今の国語・英語の力を伸ばして

現状を何とか変えたい、もっと良くしたいと

将来への希望を抱いてもらえるような

語学指導を実践しています。

 

 

ことばの力は、偉大です。

 

 

未来を変える力があります。

私がそうでした。

 

こうして、講師職で修業を積んだのち

「ことばの教育塾」が誕生、

 

指導者・経営者という

好きでやりがいのある仕事に携われているのですから。