設立の志

 ことばの教育塾では、英語・国語・他教科のフォローを総合的に行なう学習塾としての指導の他、姉妹教室として「英語ネンリン教室」と「国語ねんりん教室」を開設。英語もしくは国語に特化した指導を行なう教室で、より多くの「語学教育」の場を選べるよう、教室の選択肢を増やしました。

 

 「英語ネンリン教室」は小中学校・高校の生徒のみなさん、そして保護者の方々の中でも特に、英語を勉強する「教科」として成績アップをしたい方を主に対象としています。例えば「英検2級を取りたい」とハイレベルな目標に挑戦したい中学1年生、「学校の英語が難しく、成績が下がってきた」中2の後半~中3生。「高校の英語で、文法がわからなくなってきた」と、高校生になって壁にぶつかる1年生の英文法を勉強中の生徒。

 

 ことばの教育塾を立ち上げた後、「英語に特化した教室を増やしたほうが、よりきめ細やかなサポートが可能になる」という思いを抱くようになりました。そこで、指導歴25年の経歴を活用する意味でも、姉妹教室として英語特化の「英語ネンリン教室」を設立することを決意しました。

 

 当塾・本教室では、「英語を学びたい、より多くの人たちに利用してもらいたい」と将来のビジョンは持っていますが、同時に「目指す方向が違う方を無理に受け入れても、その方々の英語力アップには貢献できない」と経験上、理解しています。「楽しく英会話だけできれば良い」といった、多くの英会話スクール・英会話教室のような、楽しさを追求する習い事をしたい方には、当教室はお役に立てないでしょう。そうした方たちに、「小学生のうちから、英語にも教科の勉強が必要」といっても、なかなか耳を傾けてもらえないでしょう。

 

 「楽しいだけを目指す、英会話偏重に象徴される、日本の英語教育の現状を変えたい」という野心は、代表の私には現在ありません。正確に言えば、そういった野望は若かりし頃には持っていましたが、今は捨ててしまいました。なぜなら、「人の心は、自分の思うようにコントロールすべきではない」と悟り、「当塾の方針に興味を持って耳を傾けてくれる方々に、少しづつ現状を理解していってもらいながら、一日も早く気づいた方たちをサポートして、真の英語教育を通して、”英語が出来る、本当の楽しさ”を教えてゆく」と、当塾の志を持つに至ったからです。

 

 残念ながら、英語=楽しくない勉強、英会話=楽しい習い事、という刷り込みが、多くの日本人の保護者・生徒たちの心に何年も蓄積されていますし、今後もそれがしばらく続くでしょう。ただし、本質的な英語教育の意義・目標が「英文法・筆記・読解」といった、努力が必要な語学教育の指導があってこそ会話が可能となる事実は、気づき始める人は徐々に増えてゆくでしょう。英会話に憧れながら、それが自分のモノにできない・・・その原因が、「読む・聞く・書く」練習と英文法理解の軽視にあると、どれほど多くの生徒・親たちは気づいているでしょうか?

 

 英会話がペラペラになりたければ、次のような環境が必要でしょう。子供が幼いうちだけでなく、それこそ子供が10代の成長期になっても、親がそばにいる時間はずっとさまざまな事象を英語で説明・感情を表現し続ける―――ここまで、英語の環境があれば、確かにペラペラになれるでしょう。ただし、果たしてここまで、どれくらいの親が熱心に英語を使い続けられるでしょうか。まず、普通はほぼ不可能です。

 

 英語は、親が英語を使って四六時中接する位の「ネイティブに近い環境」がない限り、結局は英語を科目として「勉強するしかない」現実に、いずれは目を向けなければなりません。「小学生の頃は、遊ばせてあげたい」と悠長なことを言っている余裕があるのなら、英語以外に「勉強とは関係ない、単純に遊べるようなスポーツ」を何かやったほうが、よほど将来の体力づくりに役立ちます。幼少期から英語を習わずとも、大人になって仕事でペラペラ話して英語力をアップしている方が多い現実をもっと知ってもらいたいと思います。

 

 子供の頃から英語を習わせたい、ということであれば、是非「英語は勉強が必要な、学習科目」という意識を早めに持たせてほしいと願います。それが、中学生になってからも「英語はずっと得意科目」になったり、中学生からスタートしても「始めから苦手ではなく、英語は好き」という意識にもつながります!

 

当塾「ネンリン教室」の狙いは、そこにあります!!!

 

 部活と学校生活で忙しい中学生の中には、英語だけを集中して学び、学校の通知表の評価を上げたい、または英検2級を頑張って取りたい、といった目標がある場合が多いです。そうした、英語を学習する意味を理解し、やる気がある生徒たちは「英検取得」「学校の成績アップ」の目標を達成してゆきます。

 

 また、やる気があり、努力をしているのに「英語が上がらない」という生徒もいます。そうした場合でも、当塾のネンリン教室は「英語のホームドクター」として、成績が上がらない理由を解明、宿題を課していきます。結果が出るまで、一緒に伴走する、コーチのような役割もしていますので、決して「何十回書きなさい」という、上から目線の宿題をただ出すだけの進学塾とも違います。

 

 英語を専門的に学べる「英語ネンリン教室」について、最後に詳しく説明をしますと、長期にわたり語学能力UPを目標とする「通常コース」と、短期間で受験合格・資格取得を目指す「期間限定コース」を御用意。結果を出すために、どちらのコースも「あとどれ位で目標が達成できるか」を優先して、2コースのうちどちらが相応しいかを御提案、コースの詳細は生徒・保護者の皆さまと一緒に決定します。

 

 各コースについて、詳しくはお問い合わせ下さい。