<英作文&国語作文・小論文>コースについて

※ 以下、2016年2月18日更新の情報です。

  今後、文章をよりわかりやすくまとめた際に、更新を随時行っていきます。

 当塾は、英語・国語(日本語)をメインに語学教育を行う塾ですが、「聴く」「話す」「読む」「書く」の語学4技能のうち、一番習得に時間がかかり、教育的な観点から最も重要な「書く」に焦点を当てて、指導を行なっています。しかし、単なる「漢字や文字をきれいに書く練習」、英語では「アルファベットの正確なスペル」や「単語の暗記」といった、文字練習で終わるのは、言葉本来の「考えを表現する」力を身につける練習にはなりません。

 

 そこで、言葉を身につけて活用する場を広げる目的、そして受験生で試験科目に入っている場合の試験対策として、本コースを設けました。英語でも国語(日本語)でも、作文するためのコツやメモ作成などの、初歩的なアドバイスをしながら、本格的に整った文章構成が学べる一方で、「自分を表現する楽しさ」を感じてもらえるコースを開講します。

 

 作文だけのコースで学ぶこともできますし、他のコースをメインに取って、作文は「月一回に30分位、アドバイスをもらいたい」という要望にもお応えします。昨年、当時椙山高校3年生の生徒Hさんは、作文指導と英検2級対策を受けていました。その時には、付属の大学への推薦試験があり、作文指導をさせてもらい、無事合格しました。

 

 現在、Hさんは英検対策を継続していますが、大学生になりましたので、学生生活の中での困りごと解決をサポートするため、テスト勉強の仕方を指導したり、レポート作成のアドバイスをしたりして、協力しています。

 

 また、御両親の希望で、時事問題に関心を持って、自分の意見が言えるような指導をしてほしいということでしたので、新聞・テレビで扱われるニュースの内容を使って、「意見文」としての作文指導を行なっています。Hさんの大学合格前から始まり、現在は大学生活に支障のない範囲で、短い時間ではありますが指導を継続しています。

 

 「作文」と構えずに、「日記」を書く感覚で、自分の意見・考えを客観的に書くことができるようになれば、自分を振り返り、向上するための、充実した「自己表現の練習」にもなります。就職やその後の将来の夢・目標のために、文章を書いてみる・・・そんな取り組みをするお手伝いをさせていただきたいと思います。

公式ブログ